• HOME
  • 修理のご相談

修理のご相談

RIMG2691.jpg

このページでは時計の修理業務についてご説明致します。機械式の時計には定期的な整備が必要です。私どもで販売したものはもちろん、持ち込みの修理も承っておりますので、不具合のある腕時計でお困りの方はご相談下さい。基本料金については下記に掲載している表を目安としてご参考になさって下さい。

以前は店舗へご来店いただく事が出来ない遠方のお客様のご相談にも応じていましたが、現在はお受けしておりません。私どもを通じてご購入いただいたもの以外の修理のご相談については原則として直接店頭までご持参の上、お預けいただける場合に限らせていただきます。

RIMG2623.jpg 修理のご依頼の際は原則的にオーバーホール(分解掃除)の作業をお勧めしております。部分的な調整等も行う事は不可能ではありませんが、ご返却後に作業した内容とは別の原因で不具合が発生する事もあるため、原則的にオーバーホールを兼ねて作業させていただくようご提案しております。また、実際に作業を進めてみないと判断出来ない部分も少なくないため、当店では整備に関する正確なお見積もりはお出ししておりません。

お預かりする際に拝見してある程度問題点がはっきりする場合もございますので、そういった点についての料金はあらかじめお知らせしますが、いかなる場合も実際に作業を進めてみないと何とも言えません。万一相当な費用がかかってしまいそうな場合には作業の途中でご連絡してご相談差し上げますが、どのような場合でも状態等によって作業内容が異なってきます。したがって基本料金に加え、プラスアルファの費用がかかる場合が少なくありませんので、あらかじめご理解下さいます様お願い申し上げます。

〜ご注意〜
お預かりする時計のコンディションなどの問題でベストな整備が出来ないと判断した場合はそのままご返却する事もございます。また、当店では原則的に古い掛け時計や置き時計の修理はお断りしております。腕時計(懐中時計は要相談)の修理のみ承ります。同様に現行品をはじめ、年式の新しいモデル(クォーツも含む)でメーカーで対応可能なものについては各メーカーのサービスへのご相談をお勧め致します。


修理に関するお問い合わせは → こちら

オーバーホール(分解掃除)について

ブランドの例 動作方式 OH基本料金の目安
ロレックス、オメガ、IWC他手巻き全般 手巻き ¥20,000+Tax ~
ロレックス、オメガ、IWC他自動巻き全般 自動巻き ¥24,000+Tax ~
ロレックス・バブルバック 自動巻き ¥28,000+Tax ~
アラームウォッチ(メモヴォックスなど) 手巻き ¥28,000+Tax ~
アラームウォッチ(メモヴォックスなど) 自動巻き ¥33,000+Tax ~
トリプルカレンダー 手巻き ¥28,000+Tax ~
トリプルカレンダー 自動巻き ¥32,000+Tax ~
トリプルカレンダー・ムーンフェイズ 手巻き ¥33,000+Tax ~
トリプルカレンダー・ムーンフェイズ 自動巻き ¥35,000+Tax ~
クロノグラフ (簡易型) 手巻き ¥28,000+Tax ~
クロノグラフ (2 Reg) 手巻き ¥30,000+Tax ~
クロノグラフ (3 Reg) 手巻き ¥33,000+Tax ~
クロノグラフ (Omega FM他) 手巻き ¥35,000+Tax ~
クロノグラフ (3 Reg/カレンダー) 手巻き ¥40,000+Tax ~
クロノグラフ (3 Reg/フルカレンダー) 手巻き ¥45,000+Tax ~
クロノグラフ (2 Reg/3 Reg) 自動巻き ¥36,000+Tax ~
クロノグラフ (トリプルカレンダー) 自動巻き ¥44,000+Tax ~
クロノグラフ (フルカレンダー) 自動巻き ¥49,000+Tax ~

 

日付表示つきの場合はそれぞれ¥1,000(消費税別)がプラスになります。オーバーホールの基本作業の他、ヒゲゼンマイの修正や穴石の調整、細かな箇所の加工、調整の他、部品の製作などを行った場合は別途費用がプラスされます。オーバーホールの作業を行った際にはご返却の日から6ヶ月間保証致します。万一の不具合の際は再度お預かりして再調整等の作業を行いますが、あくまで自然故障に限らせていただきますので、部品の破損が生じたり、強い衝撃などご使用上の誤りなどが原因と思われるトラブルの場合は無償で修繕出来ない場合もございます。あらかじめご注意下さい。

オーバーホールの流れ

img629a.jpg RIMG1389.jpg RIMG2360.jpg RIMG4263a.jpg

 

 

 

 

 

地板や受け、各歯車などパーツをバラバラに分解し、穴石のひどい汚れなどは事前に刷毛洗いなど行った上で超音波洗浄機で洗浄し、乾燥後に注油しながら組み立てます。ウィッチのテスターを用いて調整作業を行い、実測テストを行った後、ご返却となります。オーバーホールに伴い、必要に応じてヒゲゼンマイの調整や穴石調整等の作業も併せて行います。また、ゼンマイが切れていなくても力が弱まっていて動作が安定しない場合は交換します。

部品の交換、別作について

風防の交換・・・¥4,000+Tax 〜, 天真・・・¥18,000+Tax 〜, 巻芯・・・¥14,000+Tax〜
ゼンマイの交換・・・¥4,000+Tax 〜, リュウズの交換・・・¥3,000+Tax 〜

風防はドーム型や角型なども新規に製作する事が可能です。風防やリュウズの交換などは純正品を使用する場合やその他状況に応じて料金はそれぞれ異なりますので、あらかじめご容赦下さい。また、ウラオサエや各歯車のホゾ等、磨耗や破損などが起こり得る重要な箇所の別作も対応致します。その他穴石、受石、ショックバネなどの交換も必要応じて作業致します。

針、文字盤の夜光合わせについて

針一本・・・¥2,000+Tax〜, 文字盤の夜光部分・・・応相談

針の夜光部分が剥げ落ちてしまった場合や文字盤の夜光部分との色があまりにも異なるせいで全体的な雰囲気がいまひとつに感じる場合は夜光を入れ直す作業も可能です。文字盤の夜光部分の色の風合いを参考にして色を調合し、入れ直します。原則として文字盤の修正作業はリスクが高いため、お勧めしておりません。ご依頼状況に応じて別途工賃がプラスされます。

外装パーツの仕上げについて

ケースのみ・・・¥10,000+Tax 〜, ケース、およびブレスレット・・・¥15,000+Tax 〜

ご使用中に傷がついてしまった時計でも新品仕上げを行うと見違えるようにきれいな姿に蘇ります。鏡面仕上げやヘアライン仕上げなど、オリジナル性を重視して作業致します。その他リュウズやケース、ベゼルのメッキが剥げてしまった場合などにはメッキ加工も承ります。

シースルーバックの別作について

RIMG5926.jpg

ミネラルガラス仕様・・・¥45,000+Tax〜

ケースの裏側から内部のムーヴメントが見えるようにシースルーの裏蓋を別作するサービスも行なっています。純正の裏蓋を加工するのではなく、ミドルケースやオリジナルの裏蓋の仕様に応じて新規製作致します。鏡面仕上げ、ヘアライン仕上げ、金メッキ仕上げといた仕様で製作可能です。なお、現在はスナップバックの丸型の非防水ケースのみ承っており、スクリュウバック等の防水型や角型等については対応しておりません。

文字盤のリフィニッシュについて

比較的簡単な文字盤・・・¥20,000+Tax 〜, クロノグラフなど・・・¥50,000+Tax 〜

クロノグラフをはじめとする複雑な文字盤のリフィニッシュの場合には相応の料金が必要になり、またお預かりする期間も長くなります。文字盤の仕上げはサンプルを事前にご覧いただく事が出来ないため、リスクも伴いますので、原則的にはあまりお奨めしておりません。実際に作業が終わり、仕上がった文字盤を見てイメージと異なったとしても元には戻せませんので、その点についてはあらかじめご理解下さい。

文字盤リフィニッシュの一例

redial01.jpg

オメガ手巻きモデルの「リダイアル前」と「リダイアル後」
このオメガのように文字盤の表面が日焼けや湿気等によって変色し、シミが出たりしている場合でもご覧のように美しくレストアする事が可能です。ロゴやモデル名などがプリントされている部分が擦れて完全に消えてしまった文字盤でも再生可能です。ただし、オリジナル性は損なわれますので、その時計が持つ本来の雰囲気を重視される方にはお勧め致しかねます。また、オリジナルのものとは異なる塗料でプリントされるため、質感までまったく同じように仕上げられるわけではありません。比較的シンプルなものほど違和感なく再現出来る場合が多いと言えますが、一方で多色刷りで複雑なデザインのクロノグラフやより古いテイストの夜光のプリント文字盤などは本来の雰囲気を再現するのが困難です。

その他のサービス

簡単な内容の修正でしたら、その場で作業出来る場合もございますし、コンディションに関する診断なども基本的に常時対応しています。ざっと拝見して状態を判断し、簡単にアドバイスさせていただくだけであれば、原則的にお代は頂戴していませんので、いつでもご相談下さい。


修理に関するお問い合わせは → こちら

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram